製品カテゴリ

知識

フミン酸肥料の応用
Nov 20, 2018

1.種子を浸す:種子を浸すことは種子の発芽率、実生の早期出現を向上させることができ、実生の根を強化することができます。 一般的に、液浸濃度は0.005-0.05%、平均浸漬時間は5-10時間、米綿と他の硬い殻の種は24時間です。

2、浸漬根:米、サツマイモなどは、移植前にフミン酸またはフミン酸カリウム溶液苗で浸すことができ、浸漬の濃度は0.01-0.05%です。 種子を浸した後、それは速い毛根と高い生存率を示しています。

3、噴霧:作物の開花期に2〜3回噴霧する、一般に0.01〜0.05%の濃度を有する溶液、1エーカー当たり50リットルの各噴霧量、噴霧時間は2〜4μmに選択されるべきである。

4、ベース肥料:固体フミン酸肥料( フミン酸アンモニウムなど)、一般的に6エーカーあたり100-150キロ。 フミン酸溶液をベース肥料として使用する場合、濃度は0.05〜0.1%であり、6μ当たり250〜400リットルの水溶液を農場の肥料と混合することができ、溝の施用または穴の施用を適用することができる。 。

5.追肥:作物の苗立ち段階と出穂段階の前に、6µあたり0.01〜0.1%濃度の水溶液を約0.2リットル使用し、作物の根元近くに灌水する。 水田は灌漑または水面散布で施用することができ、それは苗を育てる、苗を強化する、成長および発達を促進する役割を果たすことができる。


  • QR CODE
  • facebook